|Japanese|English  

当社は昭和22年3月の創業以来、70年以上にわたって自動車産業を中心とする日本の製造業の発展に貢献してきました。 日本の自動車産業は「百年に一度」と言われるほどの大変革期を迎えています。 こうした大きな変化に対応し、勝ち残っていくために、前を向き、勇気を持って「挑戦と改革」に取り組んでいきたいと考えております。
例えば、電気自動車や自動運転、カーシェアリングなどの普及によって、自動車に必要な部品が変わっていくことも考えられます。 そうした「未来の自動車」を視野に入れながら、新しい部品にも挑戦していきます。 そして、自動車業界のグローバル化に対応するために、子会社であるタイの海外拠点の事業を拡大しつつ、チャンスがあればさらに海外に新しい拠点を開設することも検討していきます。
こうした挑戦を進めていくためには、組織の改革も重要なテーマとなります。 部署ごとに壁のある縦割りの組織ではなく、横の連携が取れる風通しのいい組織を作っていくことも、これからの課題です。
様々な面で「挑戦と改革」を推進することで、今まで以上にお客様に信頼していただける鳴海合金製作所にしていきたいと考えております。

【経営理念】
お客様の要望に応え、地域社会への貢献を通じて会社の発展と一人ひとりの幸せを図る



代表取締役社長 西垣 幸宜

エコロジーへの対応
開発時より、可能な限りリサイクル可能な材料を選択し、全製品に対して材料名を記載しています。また、社内ネットワークを整備し、不要な書類を廃しペーパーレス化を目指しています。

人材育成
常に時代の新しい風を取り入れ、客先のニーズに応える社風を創るためには、何より社内教育、人材教育が大切です。そのため、セミナーの参加、資格の取得、社内研修制度など、次世代をになう人材の育成を積極的に行っています。


Copyrights (C) Narumi Goukin Manufacturing CO.,LTD.